更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

更年期障害のツボ療法:更年期障害の治療

ツボとは、専門的には「経穴(けいけつ)」といいます。
東洋医学では、身体をめぐる無形のエネルギーを「気」といい、「気」の流れる道を「経絡(けいらく)」といい、経絡の反応点が経穴です。
よく経絡を電車の線路、経穴を駅に例えて説明されています。
東洋医学において、経絡には「気」と「血」が流れていて、経穴を刺激することによって「気」と「血」の循環を改善し正常な状態に戻すことで健康が保たれます。

ツボ療法とは

ツボ療法とは、民間療法のように捉えられがちですが効果が正式に認められた医療行為でWHO(世界保健機関)において全身のツボの数は361個と定義しています。
経絡は、病気の反応点であり、診断点であり、治療点と考えられてます。
すなわち、ツボを指圧や鍼灸で刺激する事により病気や痛みの診断や治療をおこなうこたができます。
*ツボの位置は、個人差があるうえ、同じ人でも体調によって移動する場合もあります。

指圧とは

指圧とは、身体にあるツボと呼ばれる指圧点を押圧することで生体の変調を矯正し、健康の維持増進をはかり、自然治癒力のはたらきを促進する施術です。
指圧は日本独自の民間療法の一つです。

鍼灸とは

鍼灸とは、一般に「はり・きゅう」と呼ばれています。
鍼灸は、金属の細い針をツボ(経穴)に刺したり、もぐさを燃焼させてツボ(経穴)に刺激を加え「気・血」の流れを改善し正常な状態に戻し、自然治癒力のはたらきを促進する施術です。

鍼灸療法の各種の病気に対する効果

WHO(世界保健機関)において全身のツボの数は361個と定義し、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について以下の病気に有効であると発表しました。
・神経系疾患:神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・頭痛・めまい・自律神経失調症・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
・運動器系疾患:関節炎・リウマチ・頸肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
・循環器系疾患:心臓神経症・動脈硬化・高血圧症・低血圧症・動悸・息切れ
・呼吸器系疾患:気管支炎・喘息・風邪及び予防
・消化器系疾患:胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝炎・肝機能障害・胃十二指腸潰瘍・痔疾
・代謝内分泌系疾患:バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
・生殖、泌尿器系疾患:膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
・婦人科系疾患:更年期障害・生理痛・月経不順・冷え性・不妊症・乳腺炎・血の道・白帯下
・耳鼻咽頭科系疾患:中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
・眼科系疾患:眼精疲労・疲れメ・かすみ目・仮性近視・結膜炎・ものもらい
・小児科疾患:小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

スポンサードリンク
スポンサードリンク