更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

漢方薬も副作用があります:更年期障害の治療

漢方薬は、2000年とも3000年ともいわれる長い歴史の中で、伝統医学として経験・臨床を繰り返して、薬効、安全性が確立してきました。
現在、日本では148種類の漢方エキス製剤(うち軟膏が1種類)が健康保険の適応となっているほか、薬局で販売されています。
漢方薬は、一般的に副作用は少ないのですが、副作用が全くないというわけではありません。
また、漢方薬はそれぞれの体質や症状を判断した上で処方されますが、漢方薬が合っていなければ、副作用が発生する確率も高くなります。
よく使用される漢方薬の副作用は以下のようなものがあります。

麻黄(マオウ)

麻黄(マオウ)は、風邪薬の葛根湯や花粉症の小青竜湯に含まれる一般的な生薬で、効果は、発汗、発散作用があります。また、麻黄には、エフェドリン、プソイドエフェドリンなどが含まれ、交感神経興奮作用、抗炎症作用、鎮痛作用などがあります。
敏感な人では、不眠、排尿困難、動悸、頻脈、発汗過多、精神興奮、食欲不振、胃部不快感、吐き気、胃痛、腹痛、便秘、下痢などの不快な副作用が出ることがあります。
狭心症や心筋梗塞などの循環器系疾患、高度腎障害、排尿障害、しばしば頻脈、心房細動(不整脈の一種)を伴う甲状線機能亢進症(バセドウ病)の患者さんなどは、症状を悪化させるおそれがあるので、麻黄を含む漢方薬の服用には注意が必要です。

甘草(カンゾウ)

甘草は漢方薬のおよそ七割に配合されています。
甘草の主成分であるグリチルリチンは、強力な抗炎症作用を発揮します。
甘草の主成分のグリチルリチンを一時的に多量に摂取すると、にはあたかもアルドステロンが過剰になったかのような、血清カリウムの低下、血圧上昇、血清ナトリウムの上昇が出現する偽性のアルドステロン症などの副作用があるとされています。

附子(ブシ)

附子(ブシ)は、トリカブトの根を加工したもので、温熱作用)、鎮痛作用があります。
附子の副作用は、動悸、不整脈、のぼせ、舌や唇のしびれ・吐き気、おう吐、呼吸困難などの副作用が出現することがあります。

黄芩(オウゴン)

黄芩(オウゴン)は、抗菌作用、解熱、利尿、抗アレルギー、解毒作用、肝機能の活性化などに効果があります。
黄芩の副作用は、咳、発熱、労作時の息切れなどの間質性肺炎の症状が現れることがあります。

桂皮(ケイヒ)

桂皮(ケイヒ)は、一般にシナモンとして知られ多くの漢方薬に配合されており、健胃、発汗、解熱などの作用があり、食欲不振や消化不良、感冒、頭痛、発熱などに用いられます。
桂皮の副作用は、発疹・皮膚発赤・掻痒・発熱などの症状が現れることがあります。

当帰(トウキ)

当帰(トウキ)は、末梢血管拡張作用、血液凝固抑制作用、免疫賦活作用が報告されています。
当帰は、婦人病に適応される温経湯、加味逍遙散、当帰芍薬散や病後の体力低下、疲労倦怠を主訴とする補中益気湯、十全大補湯、人参養栄湯に配合される生薬です。
当帰の副作用は、発疹・皮膚発赤・掻痒・発熱などの副作用があります。

地黄(ジオウ)

地黄(ジオウ)は、身体の水分や血分を補う働きがあります。
地黄の副作用は、胃腸障害:胃もたれ・胃痛・吐気・嘔吐・下痢・胸焼けなどがあります。

芒硝(ボウショウ)

芒硝(ボウショウ)は、天然の含水硫酸ナトリウムであり、緩下作用、利尿作用、血液凝固抑制作用などがあります。
芒硝の副作用は、過剰に服用すると、下痢、腹痛、浮腫などの症状が見られるほか、妊娠中の方は流早産の危険性があるため服用は禁忌です。

茯苓(ブクリョウ)

茯苓(ブクリョウ)は、利尿作用、健脾(けんひ)、滋養、鎮静、血糖降下などに効果があります。
茯苓の副作用は、便秘を引き起こす場合があります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク