更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

更年期障害に用いられる主な漢方薬:更年期障害の治療

更年期障害の症状には、ほてり、発汗、手足の冷え、動悸、肩こりなどの体にみられる症状もあれば、イライラ、不安、不眠、集中力の低下など精神的な症状がみられます。
また、更年期障害の症状は、人によってさまざまなうえ、単独の症状だけということではなく、いくつかが重なって起こることがよくあります。
更年期障害の特徴的な症状に用いられる漢方薬には以下のようなものがあります。

特徴的な症状 漢方薬
・血虚
・瘀血
・水毒
冷え、めまい、貧血、むくみ 当帰芍薬散
・血虚 冷え、貧血、精神症、唇の乾燥 温経湯
手足の冷え 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
・血虚
・瘀血
・水毒
・肝の失調
発作性の熱感、発汗、神経過敏、精神不安、イライラ、怒りやすい、肩こり、頭痛、めまい 加味逍遙散
・肝の失調 精神過敏、イライラ、怒りやすい、不眠 抑肝散
神経過敏、イライラ、怒りやすい、不眠、胃腸虚弱 抑肝散加陳皮半夏
・気逆 神経過敏、精神不安、のぼせ、不眠、動悸 桂枝加竜骨牡蛎湯
・気逆
・水沸
立ちくらみ、めまい、のぼせ、動悸、頭痛 苓桂朮甘湯
・心の失調 ヒステリー、神経過敏、神経症、不眠 甘麦大棗湯


・瘀血
・気逆
発作性の熱感、のぼせ 桂枝茯苓丸
・瘀血
・気うつ
抑うつ、精神不安、のぼせ、めまい、頭痛 女神散
・瘀血
・気逆
のぼせ、便秘 桃核承気湯
・瘀血
・気うつ
抑うつ、精神不安、便秘、まめい、頭痛、肩こり 通導散
スポンサードリンク
スポンサードリンク