更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

更年期障害の三大漢方薬:更年期障害の治療

更年期障害によく用いられる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、産婦人科の三大漢方薬といわれ、更年期障害の「三大処方」とも呼ばれています。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散には、当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、芍薬(しゃくやく)、蒼朮(そうじゅつ)、沢瀉(たくしゃ)、茯苓(ぶくりょう)の6種類の生薬が配合されています。
主薬の当帰は、血流を改善する効果、芍薬は鎮痛作用や抗炎症作、蒼朮は補血、鎮静、鎮痛作用、沢瀉と茯苓は利尿作用があります。
当帰芍薬散は、血行を良くして体を温め、貧血状態を改善し、痛みを和らげ、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。また、体内の水分代謝を活性化し不要な水分の排出を促し浮腫みをとるなどの効果があるとされています。
当帰芍薬散の副作用には、胃の不快感、食欲不振、吐き気、下痢、発疹、発赤、かゆみ、肝機能の異常などがあります。

加味逍遙散(かみしょうようさん)

加味逍遙散は、当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、白朮(びゃくじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)、柴胡(さいこ)、甘草(かんぞう)、牡丹皮(ぼたんぴ)、山梔子(さんしし)、生姜(しょうきょう)、薄荷(はっか)の10種類が配合されています。
当帰は血流を改善する効果、芍薬は鎮痛作用や抗炎症作、白朮は胃腸の働きを改善、茯苓は利尿作用、柴胡は解熱、消炎、鎮静作用、甘草は緩和、解毒作用、牡丹皮は鎮静、鎮痛、消炎作用、山梔子は消炎、止血作用、生姜は殺菌作用と健胃効果、血液循環の改善効果、薄荷は芳香性健胃、解熱、発汗作用があります。
加味逍遙散は、血液循環を良くする効果があり肩こり、冷え性の改善や女性の生理不順、生理痛などにも効能を発揮します。また上半身のほてりをとったり、ホルモンバランスを整える作用もあることから更年期障害やイライラ、その他原因が不明な不定愁訴などにも改善効果があるとされています。
加味逍遙散の主な副作用として、発疹、発赤、かゆみ、食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、腹痛、下痢などがあります。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

桂枝茯苓丸は、桂皮(けいひ)、茯苓(ぶくりょう)、牡丹皮(ぼたんぴ)、桃仁(とうにん)、芍薬(しゃくやく)の5種類が配合されています。
桂皮は発汗作用 健胃作用 のぼせを治す作用 鎮痛作用、茯苓は利尿作用、牡丹皮は鎮静、鎮痛、消炎作用、桃仁は下腹部の満痛、腹部の血液の停滞、月経不順の改善、芍薬は鎮痛作用や抗炎症作などがあります。
漢桂枝茯苓丸は、血の循環が悪い状態(瘀血: おけつ)に基づく諸症状を改善する目的で処方され、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまいなどの改善効果があるとされています。
桂枝茯苓丸の副作用は、胃の不快感、食欲不振、吐き気、吐く、下痢、発疹、発赤、かゆみ、肝機能値の異常などがあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク