更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

ホルモン充填療法(HRT)に用いるホルモン剤:更年期障害の治療

更年期障害の薬物治療のひとつだあるホルモン充填療法(hormone replacementtherapy:HRT)は、卵巣機能が低下する更年期(45~55歳)以降に減少するエストロゲンを補い、更年期障害のさまざまな症状を改善することができる治療法です。
エストロゲンには、エストロン(E1)、エストラジオール(E2)、エストリオール(E3)があり、ホルモン充填療法(HRT)ではこれらのエストロン(E1)、エストラジオール(E2)、エストリオール(E3)の製剤が経口薬、貼付薬、ゲル剤、注射薬として更年期障害の治療に用いられます。また、ホルモン充填療法(HRT)では、黄体ホルモン製剤(メドロキシプロゲステロン酢酸エステル:MPA、ジドロゲステロン:DG)がエストロゲン単独投与による子宮内膜癌発症予防のために併用されます。

ホルモン充填療法(HRT)に用いるエストロゲン製剤

ホルモン充填療法(HRT)に用いるエストロゲン製剤には以下のようなものがあります。

成分 使用法 製品名 投与量
結合型エストロゲン 経口(内服薬) プレマリン 通常量
錠剤0.625mg
1~2錠/日
17β-エストラジオール
経皮(貼り薬) エストラーナ 通常量
テープ0.72mg
2日毎に貼付
経皮(塗り薬:ゲル) ル・エストロゲス 通常量
30g、80g
2回プッシュ(ゲル:1.08mg)/日
経皮(塗り薬:ゲル) ディビゲル 通常量
ゲル:1mg
1日1パック
経口(内服薬) ジュリナ 低用量
(錠剤:0.5mg)
1~2錠/日
エストリオール 経口(内服薬) エストリール
ホーリン
通常量
錠剤:1mg
1日1~2回
経膣(膣剤) エストリール
ホーリンV
通常量
膣剤:0.5mg
膣剤:1mg
1~2錠/日

ホルモン充填療法(HRT)に用いる卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤

ホルモン充填療法(HRT)に用いる卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤には以下のようなものがあります。

成分 使用法 製品名 投与量
卵胞ホルモン・
黄体ホルモン配合剤
経皮(貼付剤) メノエイドコンビパッチ エストラジオール0.62mg
酢酸ノルエチステロン2.70mg
貼付剤:週2回
経口(内服薬) ウェールナラ エストラジオール1mg
レボノルゲストレル0.04mg
錠剤:1錠/日


ホルモン充填療法(HRT)に用いる黄体ホルモン製剤

ホルモン充填療法(HRT)に用いる黄体ホルモン製剤には以下のようなものがあります。

成分 使用法 製品名 投与量
メドロキシプロゲステロン酢酸エステル(MPA) 経口(内服薬) ヒスロン
プロベラ
通常量
錠剤:2.5mg
錠剤:5mg
ジドロゲステロン 経口(内服薬) デュファストン 錠剤:5mg
スポンサードリンク
スポンサードリンク