更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

更年期障害の治療法の長所と短所:更年期障害の治療

更年期障害に対する治療法としては、エストロゲンを補うホルモン充填療法(HRT)、漢方薬を用いる漢方療法、選択的にセロトニン 再取り込み阻害薬(SSRI)を中心とした向精神薬療法、非薬物療法としてカウンセリング心理療法などがあり、それぞれが長所と短所があります。

更年期障害のホルモン充填療法(HRT)の長所と短所

更年期障害の主な原因が閉経に伴うエストロゲンの減少であるため、ホルモン充填療法(HRT)は更年期障害の治療法としてまず選択される治療法です。
【ホルモン充填療法(HRT)の長所】
・一般的に有効性が高い
・他の骨粗鬆症、脂質異常症などの退行期疾患にも効果がある
【ホルモン充填療法(HRT)の短所】
・副作用として、乳がん・子宮体がん、卵巣がん、血栓症、脳卒中、出血、肝機能障害、凝固能異常などがる。また、乳房痛、おう吐などマイナートラブルがある。

更年期障害の漢方療法の長所と短所

更年期障害は、ホルモン剤のような劇的な効果は期待できませんが副作用が比較的少ないため更年期障害の治療の中核の一角を占めています。
【漢方療法の長所】
・知名度が高い
・副作用が少ない
・種類が豊富である
・複数の生薬を含むため、一剤で幅広い対応が可能である
【漢方薬の短所】
・どの漢方薬を選択することが難しい
・効果がみられるまで8~12週間と時間がかかる
・飲みにくい

更年期障害の向精神薬(SSRI)療法の長所と短所

更年期障において抑うつや不安などの精神的な症状が多いため、向精神薬(SSRI)の利用されます。
【向精神薬(SSRI)の長所】
・一般的に有効性が高い
・比較的安全である
【向精神薬(SSRI)の短所】
・消化器症状などの副作用がある
・効果がみられるまでに時間がかかる
・薬剤相互作用に注意が必要
・服薬への心理的抵抗感がある

更年期障害のカウンセリング心理療法の長所と短所

更年期障の非薬物療法として、心理療法やカウンセリングも各種薬物療法と併用して行われます。
【カウンセリング心理療法の長所】
・心理的背景を持っているかたに効果が高い
・安全である
【カウンセリング心理療法の短所】
・治療へのモチベーションが難しい
・治療への心理的な抵抗がある
・専門的知識と経験のある医師が少ない
・治療時間とスペース、スタッフの確保が必要である

スポンサードリンク
スポンサードリンク