更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

不正性器出血:更年期障害の症状

婦人科を受診する症状でもっとも多いものが不正出血で、不正性器出血とは、通常の月経以外の異常の出血のことをいいます。
不正性器出血は、出血の原因が機能性か器質性があり、不正性器出血のうち、妊娠、性器以外からの出血、原因となる疾患による出血を除外したものを機能性子宮出血といいます。機能性子宮出血は、不正性器出血の30%を占めます。
更年期においては女性ホルモンの減少にともなって不正性器出血がみられることがあります。
更年期のすべての出血は更年期出血とよばれ、多くはホルモン環境のバランスの変化による機能性出血とされます。

更年期の不正性器出血の原因

更年期以降はがんをはじめさまざまな婦人科の腫瘍の好発年齢でもあり、器質的疾患に伴う出血がみられます。また、妊娠の可能性も否定できない年齢でもあり、更年期女性においてはあらゆ可能性が考えられます。
更年期出血を引き起こす主な疾患には以下のようなものがあります。

不正性器出血を来たす部位と主な疾患

・外陰:外陰がん、外陰ジストロフィー、外陰潰瘍、外傷など。
・膣:膣がん、膣炎、子宮脱、異物、外傷など。
・子宮頚部:子宮頸がん、子宮膣部びらん、子宮頚管炎、子宮頚管ポリープ、筋腫分娩、外傷など。
・子宮体部:子宮内膜がん、子宮肉腫、子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症、子宮内膜炎、異物、縦毛性疾患、流産などの妊娠による出血など。
・卵巣など:ホルモン酸性卵巣腫瘍、卵管がん、卵管留血腫など。
・尿道:尿道カルンクル、尿道炎、尿道脱、膀胱炎、膀胱がんなど。
・肛門:痔核、肛門周囲炎、直腸がん、消化管出血など。
・その他:血液凝固能異常出血、肝機能障害、薬物性など。