更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

更年期の尿もれ(尿失禁):更年期障害の症状

尿もれ(尿失禁)とは、排尿の意思がないのに尿がもれてしまう状態のことをいいます。

尿もれ(尿失禁)の分類

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁には、咳やくしゃみ、重いものを落ちあげたり、縄跳びなどお腹に力が入ったときに尿漏れがおこるものをいい、女性の尿失禁の約70%を占めているといわれています。

切迫性尿失禁

切迫性尿失禁には、尿意があって、我慢するまもなく排尿がおこり、トイレに間に合わずもらしてしまうものをいいます。

尿もれ(尿失禁)の原因

尿もれ(尿失禁)には、以下のよう原因によって起こります。

腹圧性尿失禁の原因

妊娠・出産にともなって、骨盤内にある子宮や膀胱を支える筋肉である骨盤底筋群が弱くなることでおこります。
加齢にともなって、尿道の筋肉量の減少、更年期などにおこるエストロゲン産生の低下、中枢神経の異常などによっておこります。

切迫性尿失禁の原因

脳出血、脳梗塞などの脳神経系の疾患が関係している場合、膀胱炎、膀胱腫瘍など尿路が関係している場合がありますが原因がはっきりしないケースも多いといわれています。加齢にともなって増加します。

検査・診断

尿もれ(尿失禁)は、問診により、尿もれの状態、程度、既往症、薬の服用の有無、妊娠・出産歴、など確認されます。
検査としては、検尿、血液検査がおこなわれます。
必要によっては、内診、超音波検査、ホルモン検査、膀胱鏡検査などがおこなわれます。

治療

尿もれ(尿失禁)の治療は、軽症の腹圧性尿失禁の場合は、骨盤底筋群を鍛えるための体操の指導がおこなわれ、同時に薬物療法がおこなわれます。
骨盤底筋体操と薬物療法で効果が得られない場合は、手術療法がおこなわれます。
切迫性尿失禁の場合は、薬物療法がおもな治療で、膀胱の活動性をおさえる抗コリン薬がもちいられます。

アドバイス

尿が漏れるため、外陰部がかぶれやすい状態にありますから清潔に心がけましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク