更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

動悸・息切れ:更年期障害の症状

動悸とは、通常自覚しない心臓の拍動が自覚され、不快に感じること定義され、一般的には「胸がドキドキする」と表現されれます。
動悸は、心臓に何らかの原因であって起こるだけでなく、健康に問題がない場合でも運動や精神的ストレスによっても起こることがあります。
息切れとは、呼吸する時に苦しさや呼吸をすることに努力を必要とするような自覚症状がある場合をいい、呼吸困難の軽症の場合に用いられます。
息切れは、血液中の酸素や二酸化炭素が過剰になっている場合が多く、心臓や肺などの疾患がある場合や加齢や肥満、精神的なストレスなどでも起こります。

更年期の動悸・息切れとは

更年期みみられる動悸や息切れは、運動など特別なことを行ったわけでもないのに突然に動悸や息切れが起こったり、突然に思うように呼吸ができなくなったりします。
例えば、就寝中に急に激しい動悸や息苦しさ、胸苦しさに襲われて目が覚めてしまったり、突然に息苦しさを感じ動くことができなくなってしまうこともあります。
息ができないという恐怖感からパニックになる方もいます。

更年期の動悸・息切れの原因

更年期に動悸や息切れが起こる原因は、心臓の拍動コントロールしたり、胃の働きを調節している自律神経の乱れによるもので、不安に陥ったり、気分が落ち込んだときなどにも起こりやすくなります。
更年期になると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少し、自律神経がうまく働かなくなることでと考えられています。
また、更年期は精神的なストレスが多くなる時期でもあり、更年期の症状に伴った精神的ストレスも原因のひとつと考えられています。不安や緊張を感じたときに激しい動悸がすることもあります。
しかし、症状がなかなか改善しないようであれば、心臓疾患や甲状腺の病気などが原因で起きていることも考えられますから受診しましょう。

動悸や息切れの症状がみられる疾患

動悸や息切れなどは更年期によくみられる症状なのですが、動悸や息切れは心臓病や呼吸器疾患、内分泌疾患、血液疾患などが原因であることがあります。
動悸を症状とする疾患には、大きく分けて心臓が原因である動悸と心臓以外が原因である動悸があります。
心臓が原因で起こる動悸には、不整脈、高血圧症、心不全、心臓弁膜症などがあり、心臓以外が原因で起こる動悸には、不安神経症、発熱、貧血、甲状腺機能亢進症、肺疾患、低血糖などがあります。
息切れを症状とする疾患には、循環器系疾患や呼吸器系疾患、血液疾患、神経筋疾患、精神的疾患など多くの種類があります。
呼吸器系の疾患としては慢性閉塞性肺疾患(COPD、肺気腫と慢性気管支炎)、肺線維症などがあり、循環器疾患には心不全、肺水腫、肺血栓塞栓症、肺高血圧症など、血液疾患には貧血など、 神経筋疾患には筋萎縮性側索硬化症(ALS) など、精神的疾患にはパニック障害などがあります。
このように動悸や息切れは多くの疾患の症状としてみられるもので、その中には命を脅かす疾患もあります。
更年期だからと軽視せずに受診しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク