更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

多汗・急な発汗:更年期障害の症状

外気温がさほど暑くないのに急に汗が出たり、汗がなかなか止まらないなどの症状はホットフラッシュとのいわれ女性の更年期障害によくあらわれる症状のひとつです。
特に理由もなく急に顔が熱くなったり、のぼせて顔が赤くなったりする「ほてり(ホットフラッシュ)といわれる症状は、更年期にみられる皮膚症状の代表で、更年期障害の患者の7割程度が自覚するといわれています。

更年期の多汗・急な発汗の原因

多汗・急に汗が出るなどの症状はエストロゲン分泌の急激なは変化によると考えられています。
エストロゲンの分泌が急激に上昇したり減少した結果、自律神経が乱れてしまいます。
自律神経には血管を拡張させて熱を放出したり、逆に血管を収縮させて熱が逃げるのを防ぐはたらきをしており、エストロゲンの影響を受け自律神経が乱れると血管の拡張と収縮の調節がスムーズにおこなわれなくなり汗が急に出たり、汗がたくさん出たりすることになります。
ただし、多汗は甲状腺機能亢進症が原因で起こることもあるため注意が必要です。

多汗・急な発汗の症状

顔面や頭頸部の皮膚の紅潮や熱感に加え、動悸、めまい、おう吐、発汗および発汗による下半身の冷えという一連の症状が突然起こり、数秒から1時間程度持続することを1日数回~十数回繰り返します。
睡眠中にほてりが生じると寝汗や睡眠障害の原因にもなります。
ほてりは更年期の月経が不順になる頃から自覚されはじめ、長ければ閉経後5年ほど続きます。

多汗・急な発汗の発症頻度

閉経の約2年前から症状が出現し、ホット・フラッシュを経験した女性の約85%の方で1年以上持続し、5年以上経験している方も25~50%おり、15年以上経験している女性も約15%はいるというデータもあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク