更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

更年期にみられる諸症状:更年期障害の症状

更年期障害は、大きく分けると自律神経失調症状、精神的症状、その他の3種類に分類されます。
発症に原因としては、女性ホルモンの低下に伴う内分泌要因と社会・心理的要因などがあり、これらが複雑に関与しています。

更年期障害の症状

更年期障害は、大きく分けると自律神経失調症状、精神的症状、その他の症状の3種類に分類されます。

自律神経失調症状

自律神経失調症状には以下のような症状があります。
・血管運動神経症状:のぼせ、ほてり、発汗、寒気、冷え、動悸
・胸部症状:胸痛、胸苦しさ、息切れ
・全身的症状:疲労感、頭痛、肩こり、めまい

精神的症状

・情緒不安定、イライラ、怒りっぽい
・抑うつ気分、涙もろくなる、意欲低下
・不安感

その他の症状

・運動器症状:腰痛、背筋痛、関節・筋肉痛、手のこわばり、むくみ、しびれ
・消化器症状:吐き気、食欲不振、腹痛、便秘、下痢、腹部膨満感
・皮膚・粘膜症状:皮膚粘膜の乾燥感、湿疹、発汗、ドライマウス、かゆみ、蟻走感(蟻がはっているような感じ)
・泌尿・生殖器症状:排尿障害、頻尿、残尿感、性交痛、外陰部違和感、外陰部搔痒感

更年期に起こるさまざまな不調を「更年期症状」といい、日常生活に支障をきたさないものをさします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク