更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

早発卵巣不全(早発閉経)とは:更年期障害の症状

早発卵巣不全と早発閉経はどちらも40歳未満で高ゴナドトロピン性(卵巣性)無月経と定義されます。
近年では病名として早発卵巣不全(Premature Ovarian insaficiency:POI)が正式とされています。
日本産婦人科学会用語集では、早発閉経を「40歳未満で卵胞が枯渇し、自然閉経を迎えた状態」と定義されています。の早い時期に月経が来なくなることをいい、早発閉経ともいいます。

早発卵巣不全の原因

早発卵巣不全の多くは原因不明です。
また、原因となる疾患の集合体であるため原因もさまざまといえます。染色体異常、自己免疫疾患(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、糖尿病、症筋無力 症、アジソン病、全身性エリテマトーデス、関節リウマチなど)の合併率や自己抗体の検出率が高いことから免疫細胞が自己の卵巣を攻撃する機序も推定されま す。
その他に、卵巣手術、放射線治療、化学療法、免疫抑制剤などの医原性があります。

早発卵巣不全の頻度

自然発症POIの頻度は、40歳までで約1%、30歳までで約0.1%といわれます。また、45歳未満の閉経はearly menopause といい、その頻度は10%といわれます。
POI症例の約13~15%には染色体異常が認められるといわれます。

早発卵巣不全の症状

POIの場合は、不妊とエストロゲン欠乏による諸症状(ホットフラッシュ、骨粗鬆症、脂質異常症、皮膚の萎縮など)および生殖機能を喪失したことによる社会的、心理的ストレスが問題となります。

早発卵巣不全の診断

平均閉経年齢は50歳ですが、40歳未満で卵巣性無月経になるとPOF(または早発閉経)と診断されます。
診断は無月経症例において7~10日間隔で測定した2回の採血でFSH値が2度とも40mIU/ml以上を示した場合に確定するとされています。
一時的な緩解期はあるものの卵巣機能の復活は望めません。

早発卵巣不全の治療

早発卵巣不全に対する対応方法として最も重要なものはエストロゲンの補充であり、エストロゲンとしては、結合型エストロゲン(CEE:プレマリン)が主に用いられます。また、経皮エストラジオール製剤(エストラーナ)を用いる場合もあります。
基本的に黄体ホルモンを併用するカウフマン療法が用いられ、黄体ホルモンとしてはメドロキシプロゲステロン酢酸エステル(MPA:プロベラなど)が主に用いられます。
妊娠を希望のPOIに対する排卵誘発法に、基本的に(COS)におけるpoor responder に対する排卵誘発法に準じて治療がおこなわれます。
膠原病では、糖質コルチコイドなどの投与により、症状が緩解すると卵巣機能が回復することがあるので専門医による治療が基本となります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク