更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

ほてり(ホットフラッシュ)とは:更年期障害の症状

ホットフラッシュとは女性の更年期障害によくあらわれる症状です。
特に理由もなく急に顔が熱くなったり、のぼせて顔が赤くなったりする「ほてり(ホットフラッシュ)といわれる症状は、更年期にみられる皮膚症状の代表で、更年期障害の患者の7割程度が自覚するといわれています。

ほてり(ホットフラッシュ)の原因

ホットフラッシュは巣機能の低下によってエストロゲンの分泌低下が関与していると考えられています。
エストロゲンの低下により、自律神経のバランスの崩れから起こると考えれています。比較的、更年期の初期に多く、閉経後は徐々に収まります。
ただしホットフラッシュの原因 は更年期以外でも自律神経失調症、パニック障害、極度の疲労などが考えられ、もし更年期障害の心当たりが無い場合には、これらを疑う必要が有ります。

ほてり(ホットフラッシュ)の症状

顔面や頭頸部の皮膚の紅潮や熱感に加え、動悸、めまい、おう吐、発汗および発汗による下半身の冷えという一連の症状が突然起こり、数秒から1時間程度持続することを1日数回~十数回繰り返します。
睡眠中にほてりが生じると寝汗や睡眠障害の原因にもなります。
ほてりは更年期の月経が不順になる頃から自覚されはじめ、長ければ閉経後5年ほど続きます。

ほてり(ホットフラッシュ)の発症頻度

閉経の約2年前から症状が出現し、ホット・フラッシュを経験した女性の約85%の方で1年以上持続し、5年以上経験している方も25~50%おり、15年以上経験している女性も約15%はいるというデータもあります。

ほてり(ホットフラッシュ)の治療

ほてりやのぼせ、多汗などの更年期症状は特に病気ではないため、ひとりでがまんしてしまう女性も少なくありません。
でも、生活や仕事に支障をきたすほど症状がひどいときは、無理をせずに婦人科の診療を受けましょう。
のぼせ・ほてり・多汗の治療法としてはホルモン補充療法・漢方療法・自律神経調整剤の服用などの治療が行われます。

ホルモン補充療法

エストロゲンの低下により発症する閉経後のほてりに対しては、ホルモン充填療法(HRT)が効果がみられます。
子宮を有している女性であればエストロゲンと黄体ホルモン併用療法、子宮摘出後の女性であればエストロゲンの単独療法がおこなわれます。
エストロゲンとしてはエストラジオール貼付薬や経口結合型エストロゲンなどが用いられます。
黄体ホルモンとしては、メドロキシプロゲステロン酢酸エスレル(MPA)が用いられます。一方で、HRTを数年以上に渡って継続すると冠疾患、脳卒中、乳がんなどのリスクが増加するという報告があります。

漢方療法

最近では、漢方外来がある病院や漢方専門医がいる病院やクリニックが増えています。
東洋医学的には、体は、気、血、水が複雑にからんでバランスを保っています。これらのバランスが崩れると心と体に症状が現れてきます。更年期障害のホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)を治すにも気、血、水のバランスを整えることが大切です。
更年期障害には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の3剤が最もよく用いられます。
ホットフラッシュに対しては、加味逍遥散が中枢性に作用し、桂枝茯苓丸が末梢性に作用すると考えられいます。

心理療法

最近、更年期外来や女性(専用)外来などを設けている病院が増え、専門のカウンセラーや心理療法士などが話しを聞くことで症状の軽減が期待できます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク