更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

冷え症(冷え性)とは:更年期障害の症状

冷え症(冷え性)は、医学的な定義はありませんが、一般的には血液循環がスムーズにおこなわれないことで、からだの一部分に不快な冷えを感じることをいいます。
冷え症と冷え性の違いは明確ではありませんが、
冷え症は、足が冷えてなかなか寝付けない、手足が冷たい、冷房にあたると具合が悪くなるなどの自覚症状を訴えるなど症状のことを「冷え症」といいます。
冷え性は、体が冷えやすい「体質」のことを総称して「冷え性」といいます。

冷え症(冷え性)の原因

人間は気温が変化しても一定の体温に保とうとする「恒温動物」で、体温調節のために、表面の血管を収縮・拡張させ血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりしています。
この温調節機能がうまく機能しない、主な原因として、次のようなことが考えられています。

自律神経のバランスが崩れ

ヒトは表面の血管を収縮と拡張、血流の調整、発汗などにより体温調節をおこなっています。
この血管の収縮と拡張を調節しているのが自律神経で、この自律神経が何らかの原因で乱れたことによって冷え症(冷え性)がおこります。
自律神経のバランスが崩れる原因としては、無理はダイエット、ストレス、不規則な生活、偏った食事、運動不足、喫煙、不適な住環境などがあります。

血液循環の悪化

貧血、低血圧や血管系などの疾患がある人は、血流が滞りがちになります。

筋肉量が少ない

女性は筋肉が少ないため、筋肉運動による発熱や血流量が少ないことが、女性に冷え症(冷え性)が多い原因の一つと考えられています。また、女性だけではなく、運動不足の人も総じて筋肉量が少ないため、冷えやすくなります。

女性ホルモンの乱れ

ストレスが多かったり、更年期になったりすると、女性の心身をコントロールする女性ホルモンの分泌が乱れ、血行の悪化などを促進することがあります。

皮膚感覚の乱れ

下着などでからだを締めつけたりすると血行が滞り、「寒い」と感じる皮膚感覚が麻痺することがあり、体温調節の指令が伝わりにくくなり、からだが冷えてしまうことがあります。

原因となる病気がある

低血圧や貧血、膠原病や甲状腺機能低下症どの病気が原因で冷え症(冷え性)がおこることがあります。レイノー病、バージャー病、全身性エリテマトーデス(SLE)なども、手足の冷えに似た症状があらわれます。

スポンサードリンク
更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に
スポンサードリンク