更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

ホルモン検査・卵胞刺激ホルモン(FSH) :更年期障害の診断

卵胞刺激ホルモン(FSH)は、エストロゲン濃度の低下によってネガティブフィードバック機構がはたらき、卵胞刺激ホルモン(FSH)の増加がみられます。この増加は閉経の約2年前からみられ、閉経の2年後にはプラトーに達します。
同時に黄体化ホルモン(LH)も増加しますが卵胞刺激ホルモン(FSH)の変化が顕著です。

卵胞刺激ホルモン(FSH)とは

卵胞刺激ホルモン(follicle-stimulating hormone:FSH) とは、下垂体前葉の性腺刺激ホルモン産生細胞で合成・分泌されるホルモンです。
卵胞刺激ホルモン(FSH) は、卵巣の卵胞へ作用してその発育を促しますが、卵胞刺激ホルモン(FSH) のみでは成熟卵胞は形成されず、黄体化ホルモン(LH)と協同してはじめて成熟卵胞ができ、卵胞からの卵胞ホルモンの分泌も増加して排卵が起こります。
卵胞刺激ホルモン(FSH) と黄体化ホルモン(LH)と協同で精巣に作用し、精細管の発育、造精細胞の分裂、増殖を促進して精子形成を促します。
視床下部で分泌され、下垂体門脈を経て前葉に運搬されるFSH放出因子により分泌が調整されています。血中エストロゲン濃度が下がるとこの因子の分泌が増加する。

卵胞刺激ホルモン(FSH)検査の意義

黄体形成ホルモン(LH)の検査は、排卵期、黄体期、卵胞期のいずれの時期に測定するかによって値に変動があります。
卵胞刺激ホルモン(FSH)は、下垂体の障害や卵巣に関する疾患の診断に役立ちます。
また、黄体形成ホルモン(LH)及び卵胞刺激ホルモン(FSH)の測定により性腺機能の低下が下垂体性(続発性)か原発性かの鑑別ができます。

卵胞刺激ホルモン(FSH)の基準値(mlU/mL)測定方法:CLIA

・男性:2.00~ 8.30
・女性(卵胞期):3.01~ 14.72
・女性(排卵期):3.21~ 16.60
・女性(黄体期):1.47~ 8.49
・女性(閉経期):157.79以下

卵胞刺激ホルモン(FSH)の異常を示す場合

高値

精巣機能低下症、卵巣性無月経、多嚢胞卵巣症候群(LHは持続的高値、FSHは正常レベル)、Turner 症候群、Klinefelter 症候群など 。

低値

下垂体性精巣機能低下症、視床下部性精巣機能低下症、視床下部性無月経、下垂体機能低下症、Kallman 症候群、神経性食欲不振症など。

スポンサードリンク
スポンサードリンク