更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

子宮頚がん検診のながれ:更年期障害の診断

子宮頚がん検診の検査項目は、問診、視診、子宮頸部の細胞診、内診、超音波検査、必要に応じてコルポスコピー検査などが行われます。
子宮頚がん検診のながれは、医療機関により違いがありますが、下記のような流れで行います。
予約が必要な医療機関もあります。

受付・問診票の記入

医療機関の多くは受付後に問診票が渡され、記入します。
問診の内容は、
①月経:初潮年齢、月経周期、最終月経、月経量、月経不順や月経痛の有無
②妊娠:妊娠の回数(流産、人工妊娠中絶)、出産の回数(生産・死産)
③不正出血の有無、下腹部痛などの現在ある自覚症状の有無
④既往歴:これまでに罹った病気の有無
⑤現病歴:現在治療中の病気、治療内容など。
⑥アレルギーの有無
⑦家族の病歴:家族のがん、高血圧、糖尿病などの病歴。
⑦過去の検診受診の状況

医師による問診

問診票をもとに医師による詳しい問診が行われます。

視診

内診台にあがり、膣鏡を挿入し、子宮頚部の状態、びらんや出血の有無、おりものなどの有無の視診が行われます。

細胞診

子宮頚部の細胞診の方法は、子宮頚部および膣部表面を木製のへらやプラスチック製のサイトピック、ブラシなどを使って全面を軽く擦りとり、採取した検体をスライドガラスに塗末し固定液に浸し固定されます。
痛みはほとんどなく、数分で終了します。

内診

医師が片方の指を膣内に挿入し、片方の指を腹部に当て両方の指で子宮の大きさ、かたさ、位置のほか、卵巣や卵管、膣の異常などの診察を行います。

超音波検査

膣内にプローブという超音波を発する機器を挿入し、超音波器具を膣内に挿入して子宮筋腫の有無、卵巣嚢腫など子宮や卵巣の状態を調べます。
超音波検査は必須ではなく、医療施設によりことなります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク