更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

婦人科のかかりつけ医を探そう:更年期障害の診断

更年期障害の症状として、月経不順、のぼせやほてり、冷え症、動悸や息切れ、頭痛や頭重感、不眠、疲労感や倦怠感、肩こり、手足のしびれ、耳鳴り、めまい、尿漏れ、むくみ、皮膚のかゆみなどさまざで何科を受診したらいいのか迷うことも多いと思います。
頭痛で内科を受診してもどこにも異常はないと医師からいわれ、辛い症状を少しでも軽減させたり、なっとくがいかない、不安感から内科や外科、整形外科など他科を受診したり、病院を次から次へ渡り歩く方も少なくありません。
身体のあちらこちらに不調が現れてくる更年期です。
更年期に伴うほとんどの症状は、女性ホルモンのエストロゲンの急激な低下を背景にして起こるもので、さまざまな科を受診したり、多くの病院を受診したりするよりも、女性をトータルにみてくれる婦人科を最初に受診することをおすすめします。

婦人科は女性の一生をみてくれます

婦人科と聞くと、妊娠や出産など分娩を行う病院、子宮筋腫や子宮がんなどの婦人科の病気の診察や治療を行う科と思われがちです。
しかし、これらは婦人科の診療内容の一部でしかありません。
婦人科は、小児・思春期から更年期・老年期まで、女性の健康をサポートしてくれるトータルケアをおこなう「女性診療科」です。
女性の一生は、女性ホルモンの影響を受け身体や心が変化します。婦人科ではこのような女性のからだの変化を総合的にみてくれ、女性特有の病気の治療や症状の改善してくれる科です。

婦人科は女性の心とからだをみてくれます

女性の一生が、女性ホルモンに影響をうけ身体が変化し、身体の変調が心に影響したり、女性ホルモンが精神面に影響を与えたりしますからからだだけでなく心の両面をこまかく診る必要があります。
婦人科は、女性のからだだけでなく、心の両面から診てくれます。
婦人科のなかには、思春期外来、不妊外来、更年期外来など専門外来を設けている病院が増えており、女性のそれぞれの特徴的な時期におけるからだと心をサポートしてくれます。
最近の病院やクリニックは、婦人科で扱う病気だけでなく、内科、皮膚科、整形外科、精神科など更年期に起こりやすい病気や症状に対応してくれます。

更年期の症状をいっしょに考えてくれる医師を探しましょう

更年期の健康をサポートしてくれる、病院選びの第一歩は、まず更年期の治療に力を入れている婦人科を探しましょう。例えば、女性外来、更年期外来などと専門外来の看板を掲げている病院もひとつの目安になります。
更年期に関する看板を掲げていなくても、更年期障害の治療や相談を行っている病院やクリニックがあります。最近はほとんどの病院やクリニックがホームページを開設しており、病院の紹介をおこなっていますから調べてみるのもよいでしょう。
事前に電話で問い合わせてみることも良いと思います。
病院によっては、事前にインターネット上から問診票をダウンロードしてからの受診を進めるところもあります。
しかし、医師との相性もあります。
実際に受診し、医師に身体の不調を訴え、話をしても「更年期障害ですね」や「更年期だから仕方ない」などといった対応をされ、納得がいかない場合は、我慢せずに別の病院やクリニックを探しても大丈夫です。
更年期障害の治療は、時間を要する場合がほとのどです。更年期だけでなく、これから老年期に向かって診てもらうことも考えて自分にあった病院を選びましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク