更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

更年期障害で受診した時の問診:更年期障害の診断

更年期障害で受診すると、まず問診が行われます。
受付を済ませると問診票がわたされ、各項目に答えるという方法が一般的です。
最近は、事前にネットで問診票をダウンロードして、自宅で書いて持参するという方法をとっている病院もあります。
問診は、一般的な問診と更年期障害に関する問診が行われます。
更年期障害に関する問診は再診のたびに行われ、症状のチェックがおこなわれます。
問診票をもとにさらに詳しく医師による問診が行われます。
問診の内容を紹介します。
*内容のすべてが問診されるということではなく、このような内容が尋ねられることがあるということですので受診前にメモなどにまとめておくことをおすすめします。

婦人科の一般的な問診

更年期障害の症状があって受診すると、一般的な問診と更年期障害に関する問診がおこなわれます。

住所・氏名・身長・体重

・本人以外にご主人の氏名を聞かれるところもあります。
・電話番号(緊急連絡先として会社や携帯を聞かれるところもあります。)
・家族構成
・職業(ご主人の職業も聞かれることもあります。)
・身長       ・体重

月経(生理)の状況

・初潮年齢
・月経周期と月経持続日数
・最終月経の月経月日と持続日数・経血量
・最近の月経の状況(毎月月経がある、不順、不順となった年月日)

既に閉経している場合

*閉経とは1年以上、月経がない場合をいいます。
・閉経の時期・閉経の年齢
・閉経に関して:自然閉経か手術などによっての月経の消失(病名と術式など)

スポンサードリンク
スポンサードリンク