更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

過活動膀胱:更年期に多い病気

トイレが近い、トイレをがまんするのが大変ということで外出が億劫だという女性も少なくないと思います。
中高年の女は、尿路機能障害によりADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)とQOL(Quality of Life:生活の質)を大きく左右されているといわれています。
最近、テレビなどで紹介され過活動膀胱もその一つで、日本人の40歳以上の女性のおよそ10人に 1人が症状を経験していると言われています。

排尿のしくみ

膀胱は平滑筋の袋で、尿が膀胱の壁を押し広げると、その刺激が脳の排尿中枢に伝わります。排尿の準備ができていないときには、大脳皮質からの指令を受け、交感神経が興奮して膀胱が広がり、内尿道括約筋が収縮してもっと膀胱に尿が貯められるようにします。
準備が整うと、排尿中枢の副交感神経の指令で膀胱平滑筋が収縮し、内尿道括約筋がゆるむとともに外尿道括約筋も弛緩して排尿がおこなわれます。

過活動膀胱とは

過活動膀胱(overactive bladder、OAB)とは、尿漏れや尿漏れには至らないまでも尿禁制(自分の意志に反して、自分が排尿しようとしていないのに不適切な場面で尿が漏れ出てしまう状態)の低下や下部尿路の刺激症状により、頻回の排尿やパットの使用が必要になる状態をいいます。
最近の調査でわが国では40歳以上の成人において810万人以上の過活動膀胱の患者がいると推定されています。

過活動膀胱の原因

過活動膀胱は、原因不明の場合が多いのですが、女性の場合は出産や加齢などにより膀胱・子宮・尿道などを支えている骨盤底の筋力の低下、精神的ストレスなどの心因性、脳梗塞、脳腫瘍、脊髄損傷、パーキンソン病などの病気が原因による神経の異常、自律神経の乱れなど、いろいろなことが関係していると考えられています。

過活動膀胱の症状

過活動膀胱は、特徴的な症状には尿意切迫感、頻尿、切迫性尿失禁の3つがあります。
・尿意切迫感:急に抑えきれないような強い尿意が起こり、我慢できず、これ以上我慢すると尿をもらしてしまいそうになる感じをいいます。一旦尿意が気になり始めると我慢できなくなる。
・頻尿:日中が8回以上トイレにいき、夜間は1回以上トイレのために起きるなど頻繁にトイレに行く、または2時間以上持たない。
・切迫性尿失禁:排尿したくなってすぐに我慢できずに漏れてしまう。漏れる量はほんの少しのことが多い。

過活動膀胱の診断

過活動膀胱は症状で判断がおこなわれ、過活動膀胱症状スコア(OABSS)という問診票が使用されます。
最近1週間のあなたの排尿の状態についてうかがいます。あてはまるものを1つだけ選びんでください。

症状 頻度 点数(点)
朝起きた時から寝る時までに、何回くらい尿をしましたか? 7回以下 0
8~14回 1
15回以上 2
夜寝てから朝起きるまでに、何回くらい尿をするために起きましたか? 0回 0
1回 1
2回 2
3回以上 3
急に尿がしたくなり、がまんが難しいことがありましたか? なし 0
週に1回より少ない 1
週に1回以上 2
1日1回くらい 3
1日2~4回 4
1日5回以上 5
急に尿がしたくなり、がまんできずに尿をもらすことがありましたか? なし 0
週に1回より少ない 1
週に1回以上 2
1日1回くらい 3
1日2~4回 4
1日5回以上 5

【結果】
*質問3が2点以上で、合計点数が3点以上を過活動膀胱の診断基準となっています。

過活動膀胱の治療

過活動膀胱の治療法には、薬物療法と行動療法が基本となります。

過活動膀胱の薬物療法

過活動膀胱の薬物療法としては、排尿筋の不随意収縮を抑える抗コリン薬と膀胱を弛緩させ、蓄尿機能を高めるβ3刺激薬の2種類のほかに漢方薬があります。

過活動膀胱の行動療法

過活動膀胱の行動療法には、膀胱訓練や骨盤底筋体操などがあります。
膀胱訓練とは、トイレに行く間隔を少しずつ延長することで膀胱容量を増加させる訓練法です。
骨盤底筋体操とは、骨盤底筋を意図的に収縮することにより排尿筋収縮反射が抑制されるといわれ、機能の弱まった膀胱や骨盤底筋を鍛えることによって、尿トラブルの症状を軽くすることができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク