更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

バルトリン腺炎:更年期に多い病気

バルトリン腺は小陰唇のつけ根、膣の入り口の左右にある小さな分泌腺で、性的興奮があったときに分泌物を出す器官です。
このバルトリン腺が大腸菌などの細菌に感染し、炎症をおこすことをいいます。

バルトリン腺炎の原因

バルトリン腺炎の原因となる細菌は、ブドウ球菌、大腸菌、連鎖球菌など一般的な細菌がほとんどです。その他、淋菌、カンジダ、トリコモナス、クラミジアなどが原因となることもあります。
大腸菌などはどこにでもいる菌で抵抗力が落ちたりすると感染、発症することがあります。

バルトリン腺炎の症状

バルトリン腺炎の症状は、バルトリン腺が赤く腫れて、しこりができ、痛みがあります。
炎症症状が進みバルトリン腺膿瘍になると痛みは激しくなり、化膿し膿が溜まって腫れは大きくなり、灼熱感が出てきます。
さらに悪化すると、発熱したり、痛みで歩くことも困難となります。
腫れは大きくなると鶏卵大にもなることがあります。

バルトリン腺炎の検査・診断

バルトリン腺炎の診断は、視診と腫れを触診し腫れがバルトリン腺と一致することで診断できます。
原因菌を特定するためにしこり部分に溜まった分泌物を採取し、細菌培養検査をおこないます。

バルトリン腺炎の治療

バルトリン腺炎の治療として、初期の場合は抗生物質や消炎剤、鎮痛剤などによる治療がおこなわれます。
化膿し膿が溜まって腫れが大きくなった場合は、切開や穿刺を行い排膿が行われます。
再発を繰り返す場合は、切開排膿後にバルトリン腺の出口がふさがらないような造袋やバルトリン腺を摘出する手術がおこなわれます。

アドバイス

日ごろから清潔に心がけましょう。
外陰部に腫れや痛みなどの違和感を感じたら早めに産婦人科を受診しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク