更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

心筋梗塞:更年期に多い病気

心筋梗塞は、心臓の筋肉に酸素を供給している冠動脈の血管壁にコレステロールがたまり、動脈硬化が進むと、血管の内側が狭くなり、血液が流れなくなります。
冠動脈が完全にふさがって血液が流れなくなると心筋に酸素が供給されなくなり、壊死をおこしてしまいます。これが心筋梗塞です。

心筋梗塞の原因

心筋梗塞の多くの原因は、血管壁にコレステロールを主成分とする脂質が固まったものが沈着する冠動脈の粥状硬化がおきたことによります。女性における虚血性心疾患や脳血管障害などの動脈硬化性疾患の発症頻度は,更年期以後に増加傾向を示しています。
女性の場合、閉経前後からエストロゲンの分泌が激減するため、総コレステロール値(TC)が上昇し、高脂血症や動脈硬化が促進されます 。

心筋梗塞の症状

心筋梗塞の症状は、前ぶれもなく突然に発作がおこることもありますが、前兆として狭心症発作がみられることがあります。
発作時の痛みは、胸の中央にしめつけられるような激しい痛み、圧迫感や灼熱感を伴う激しい痛みで、痛みの継続時間も長く、狭心症発作とはくらべものにならないほどの痛みです。
痛みの場所は、多くは胸部中央ですが、その他に左胸、左肩、背中、首、左腕、みぞおちなどにも激しい痛みを感じることがあります。
激しい痛みのために、冷や汗、吐き気、おう吐、呼吸困難、意識消失しショック状態に陥ることもあります。
しかし、高齢者などは痛みを感じない、または軽い痛みが継続した後にいきなり呼吸困難や意識消失を起こすこともあります。

心筋梗塞の検査・診断

心筋梗塞は、発作の様子などから心筋梗塞の可能性を考え、心電図検査、血液検査、心エコー検査などで確定診断がおこなわれます。
状態によっては、超音波診断や心カテーテルによる冠動脈造影などの検査がおこなわれます。

心筋梗塞の治療

心筋梗塞の治療法としては、薬物療法、カテーテル療法、手術療法があります。
薬物療法で用いられる薬剤には、血管拡張薬、β遮断薬、抗血小板薬があります。
血管拡張薬は、冠動脈を拡げて血流をよくする働きと、全身の血管も同時に拡げて心臓の負担を軽くする働きがあり、これには硝酸薬とカルシウム拮抗薬があります。
β遮断薬は、興奮する神経である交感神経の活動を抑え、血圧を低くし、脈拍数も少なくして、心臓の負担を軽減する薬です。
カテーテル療法(冠動脈形成術)とは、狭くなった血管を細いカテーテルで広げ血流を再開させる治療法で、バルーン療法とステント療法があります。
手術療法には、緊急の冠動脈血行再建術などがおこなわれます。
その後、再発予防のために薬物療法がおこなわれるとともに、高血圧、糖尿病、高脂血症などの治療がおこなわれます。

アドバイス

・激しい胸の痛みを訴えた場合は一刻も早く病院へ運びましょう。
・日常生活において、発作をおこすようなことは避けて、規則正しい生活をおこないましょう。
・食生活に注意し、肥満を防止しましょう。
・禁酒、禁煙につとめましょう。
・脂っこい食事を減らし、野菜を多く摂るよう心がけましょう。
・減塩に心がけましょう。
・過労や睡眠不足は避けましょう。
・ストレスをためないよう工夫しましょう。
・薬が処方された場合は医師の指示を守り、きちんと服用しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク