更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

外陰炎:更年期に多い病気

外陰炎とは大腸菌やカンジダ菌、トリコモナス原虫などが外陰部に感染しおこる炎症のことをいいます。
外陰部だけに炎症がおこることの他、膣炎によるおりもので二次的に炎症をおこしてしまうこともあります。

外陰炎の原因

外陰部は膣に比べると感染をおこしにくいのですが、生理用ナプキンや下着、トイレットペーパーなどで傷つく機会が多く、その傷に大腸菌などの一般的な細菌やカンジダ菌、トリコモナス原虫が感染して発症します。
また、生理用ナプキンやおりものシートを長時間つけたままにしたり、通気性の悪い下着やきつめの下着などで外陰部がむれ、細菌が繁殖しやすい条件になることでもおこります。
さらに、卵巣を摘出したり、更年期に入り、女性ホルモンの分泌が少なくなった場合など何らかの原因で身体の抵抗力が低下した場合、糖尿病などの人は普通の人よりのかかりやすいといわれています。

外陰炎の症状

外陰炎の症状の主な症状は、外陰部が赤く腫れたり、ただれたりします。
おりものが増えたり、かゆみを伴ったりします。
症状が悪化すると、外陰部だけにとどまらず、肛門周囲にまで広がり、かゆみのために掻き傷ができることも多く、そのため排尿のときにしみたり、痛みを感じることもあります。

外陰炎の検査・診断

外陰炎の診断には、問診と内診に加え、原因菌を調べるためにおりものの培養が行われます。

外陰炎の治療

外陰炎の治療は、検査により原因菌がわかれば、その菌に効果のある抗生物質の軟膏によって治療がおこなわれます。
抗生物質に副腎皮質ホルモン軟膏、抗炎症剤などを併用することで、かゆみを押さえます。
原因となる病気があれば治療をおこない、清潔に心がけるとともに、抵抗力を回復するよう生活改善をおこなうよう指導がなされます。

アドバイス

・外陰部の清潔に心がけます。
・通気性のよい下着を使用し、汚れたらこまめに取り替えるよう心がけましょう。
・生理用ナプキンやおりものシートはできるだけ刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。
・刺激の強い石鹸などは避け、炎症がひどいときにはぬる目のお湯で流す程度にとどめてください。
・症状が軽減しても医師の指示通りきちんと治療をおこないましょう。
・かゆみがあっても我慢し、掻き壊してしまわないようにしましょう。そのためにも爪は短く切っておきましょう。
・かゆみがあるからといって市販の薬を使ったり、以前もらった薬を使ったりすると症状が悪化することがありますから、必ず受診してお薬を処方してもらいましょう。
・排尿や排便のときには前から後へ拭くようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク