更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

橋本病(慢性甲状腺炎):更年期に多い病気

橋本病(慢性甲状腺炎)は、甲状腺に炎症をおこす臓器特異性自己免疫疾患の代表的なものです。
血液検査によって甲状腺自己抗体が証明されます。
女性に圧倒的に多く、幅広い年齢にみられますが、中年女性の10人に1人はいると言われています。

橋本病(慢性甲状腺炎)の原因

橋本病(慢性甲状腺炎)のはっきりした発症原因はわかってませんが、遺伝的素因が関係しているといわれています。

橋本病(慢性甲状腺炎)の症状

甲状腺ホルモンが不足するために新陳代謝が悪くなり様々な症状があらわれます。
橋本病の症状は甲状腺の慢性炎症による甲状腺の腫れと、甲状腺機能低下症による全身的な症状とに分けられます。
橋本病(慢性甲状腺炎)の甲状腺機能低下症の症状は、甲状腺が硬く腫れ、さわるとでこぼこした感じがします。
甲状腺機能が正常の場合には、症状がみられませんが、甲状腺ホルモンが不足してくると顔や手足のむくみ、寒がり、体重増加など、甲状腺機能低下症の特有の症状がみられます。
痛みもなく、押さえても痛みはありません。
体温の低下、皮膚の乾燥、脈拍が遅くなる、便秘、声がかすれる、さらに症状が進むと浮腫み、月経異常がみられるようになります。

橋本病(慢性甲状腺炎)の検査・診断

橋本病(慢性甲状腺炎)は、問診、視診により特徴的な症状の有無、家族歴により確認されます。
血液検査で抗サイログロブリン抗体、抗TPO抗体が高率に陽性となると診断されます。
甲状腺超音波検査によって甲状腺の組織変化をみられます。
確定診断には組織を採取し、細胞診がおこなわれます。

橋本病(慢性甲状腺炎)の治療

橋本病(慢性甲状腺炎)は、甲状腺機能が正常で甲状腺の腫れが小さければ治療の必要はなく、定期的に検査を行い、経過観察となります。
甲状腺機能が正常の場合には治療の必要はありませんが、甲状腺機能低下があれば甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS®)服用が必要となります。

アドバイス

・経過するにつれて、徐々に甲状腺機能低下症となることが多いので、定期受診・検査を受けましょう。
・内服によって甲状腺ホルモンを補うことで普段どおりの生活が可能です。
・妊娠は可能なのですが、妊娠中から産後に甲状腺ホルモンの変動がみられることがありますから医師に相談しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク