更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

肺結核:更年期に多い病気

肺結核は、結核菌が飛沫伝播により、人から人へ感染し、発病する伝染性の呼吸器感染症をいいます。
最近、結核の患者数の増加が続いていて、『結核緊急事態宣言』が発表されました。

肺結核の原因

肺結核は結核菌に感染することにより発症します。
初期変化群…結核菌が気道をとおり、肺に入ると、、肺に数ミリ大の滲出性病巣がつくられ、これが増殖し肺門リンパ節に運ばれ病巣をつくります。

肺結核の症状とは

肺結核の肺結核はかなり進行してから症状があらわれることがあります。
初期の症状は、発熱(微熱)、寝汗、倦怠感、食欲不振、体重減少なで、発熱(微熱)は朝にはみられず午後から夕方にみられます。
進行すると、咳、痰、血痰などがみられます。

検査・診断

肺結核は、問診などにより、肺結核が疑われた場合は、胸部レントゲン、ツベルクリン反応などがおこなわれ、確定診断のために痰を採取して結核菌を調べる喀痰検査がおこなわれます。
さらに、感染危険性を評価するするための抗酸菌塗沫検査がおこなわれます。

肺結核の治療

肺結核の治療法は化学療法で、耐性菌出現に備えて多剤併用療法がおこなわれます。
初期治療には、イソニアシド(INH)+リファンピシン(RFP)+ピラジナミド(PZA)+エタンプトール(EB)またはストレプトマイシン(SM)の4剤を2ヶ月間使用し、それ以降にソニアシド(INH)+リファンピシン(RFP)の2剤を4ヶ月間使用され、合計6ヶ月のす多剤化学療法が終了します。
治療が長期に渡りますが、人への感染の可能性がないと判断された場合は外来治療がおこなわれます。

アドバイス

・不規則な生活、偏った食事、ストレスなどで抵抗力が低下すると発症しますから日ごろから規則正しい生活、バランスの取れた食事、ストレスをためないような工夫などをおこないましょう。
・きちんと治療をおこなえば、98%以上が完治する病気ですから、症状がみられたら早めに受診し、検査を受けましょう。
・結核は非常に感染力が強い菌ですから、家族とくに乳幼児がいる場合はすぐに専門医を受診し感染してなかい調べてもらいましょう。
・きちんと治療をおこなわないと、耐性菌が出現し、再発してしまいますので途中で治療を中断せずに医師の指示に従いましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク