更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

脂質異常症(高脂血症)とは:更年期に多い病気

脂質異常症とは、血液中の悪玉(LDL)コレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が多くなる状態、または善玉(HDL)コレステロールが少なすぎる状態をいいます。
2007年に「高脂血症」と呼んでいた病態を「脂質異常症」と呼ぶようになりました。
脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化の危険因子であり、心筋梗塞や脳梗塞などをひきおこします。

コレステロールとは

ヒトの体の中には、脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、リン脂質の4種類の脂質があります。
コレステロールは、細胞膜の構成成分で主に肝臓で生合成され、副腎皮質ホルモン、ビタミンD、胆汁酸などの材料となります。
コレステロールには、HDLコレステロール(善玉コレステロール)とLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の2種類があります。

HDLコレステロール(善玉コレステロール)とは

HDLコレステロール(High Density Lipoprotein Cholesterol)の主な働きは組織のコレステロールを肝臓へ回収することで、HDLコレステロールは全身の組織や血管壁から余分なコレステロールを回収し、動脈硬化を防ぐため善玉コレステロールと呼ばれます。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とは

LDLコレステロール(Low Density Lipoprotein Cholesterol)の主な働きは組織にコレステロールを届けることで、LDLコレステロールが多すぎると全身の組織や血管壁にコレステロールが溜まりすぎて動脈硬化をおこすため悪玉コレステロールと呼ばれています。

トリグリセライド(中性脂肪)とは

トリグリセライド(TG)とは中性脂肪のことで、肝臓で作られる脂質の一種で体を動かすエネルギー源であり、体温を一定に保つ役割があります。
食物から摂取された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが、余分なエネルギーはほとんどが中性脂肪として蓄えられ、蓄えが多くなりすぎると脂肪肝や肥満の原因となります。皮下脂肪が中性脂肪です。

脂質異常症(高脂血症)が起こる機序

脂質は、食事から摂りこまれるものと肝臓や腸などで作られものがあり、血液中の脂質成分の量は保たれ調整されています。
脂質は、脂肪ですから不溶性でそのままでは血液に溶け込むことができませんが、脂質はアポタンパクと結合しリポ蛋白となることで血液によって全身の細胞に届けられます。
コレステロールは、リポ蛋白と結合したLDLによって体の隅々まで運ばれ、細胞の中に取り込まれますが、細胞に運ばれたコレステロールのうち過剰となった場合には、HDLの働きによって肝臓に戻されまることで体内のコレステロールの量は一定に保たれます。
しかし、このような調整機能が低下したり、食事からの摂取量が過剰となったとなり高コレステロール状態となったり、HDLコレステロール(善玉コレステロール)については低下している状態となることで脂質異常がおこります。

脂質異常症(高脂血症)の種類

脂質異常症には「高LDLコレステロール血症」、「低HDLコレステロール血症」、「高トリグリセライド血症(高中性脂肪血症)」の3種類があります。

高LDLコレステロール血症

高LDLコレステロール血症とは、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールが過剰な状態にある脂質異常症をいいます。脂質異常症ではこのタイプがもっとも多くみられます。

低HDLコレステロール血症

低HDLコレステロール血症とは、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールが少なすぎる状態にある脂質異常症をいいます。HDLコレステロールが少ないと、血液中から余分なコレステロールがうまく回収されないため、コレステロールがたまりやすく、動脈硬化のリスクが高くなります。

高トリグリセライド血症(高中性脂肪血症)

高トリグリセライド血症(高中性脂肪血症)とは、中性脂肪が多すぎる状態にある脂質異常症をいいます。動脈硬化と関係が深いといわれていいます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク