更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

メニエール病:更年期に多い病気

メニエール病は、難聴、耳鳴、耳閉感などの聴覚症状を伴ってめまい発作を繰り返す病気で、フランスの医者のプロスペル・メニエールが提唱し、厚生労働省の特定疾患にも指定されています。
メニエール病は女性に多く、発症年齢は30歳代後半から40歳代前半にピークを持つ山型です。有病率は主な個別調査では人口10 万人当たり15~18人ですが、受診圏の限定された地域では人口10万人当たり25~38人と高値を示しています。

メニエール病の原因

メニエール病の原因は、まだわかっていませんが、主な病態は内リンパ水腫(内耳の水ぶくれ状態)ということはわかっています。この病変をひきおこす原因として炎症説、アレルギー説、内耳の形態・機能異常説、自律神経系の緊張異常説、ストレス説などがあります。

メニエール病の症状とは

メニエール病の症状の特徴は、激しい回転性のめまい発作に耳鳴や難聴などの蝸牛症状が随伴し、この発作を反復します。

まめい

めまいは、何の兆候もなくいきなりおこります。
めまいの性状は、回転性で激しく、一般的には30分位から数時間にわたるめまい発作で激しく長い時間続きます。また、めまい発作中には、自律神経症状として、悪心、嘔吐、冷汗、顔面蒼白、頻脈などを伴うことが多い回転性めまいです。

蝸牛症状:難聴・耳閉塞感・耳鳴り

メニエール病は、めまい発作に難聴や耳閉塞感、耳鳴などの蝸牛症状を随伴するのが特徴です。
蝸牛症状はめまい発作と一致して現れたり悪化したりし、めまいの寛解と共に正常に復したり軽快したり、めまい発作の始まる前に蝸牛症状が先行して現れることもあります。
メニエール病の難聴の程度は、初期には軽度の音障害型(低音の音が聞こえにくい音障害)で発作がおさまると軽減、消失します。しかし、発作を繰り返しているうちに難聴は高度になり、全周波数にわたって聴力が悪化してしまいます。
*蝸牛とは、内耳にあり、聴覚をつかさどる感覚器官で、内部はリンパ液で満たされており、鼓膜・耳小骨を経た音の振動はこのリンパを振動させ、基底膜に伝わり有毛細胞を興奮させ中枢神経に情報が伝えられます。
耳閉塞感は、めまいと同時または少し前から耳がふさがった感じや圧迫されたような感じがあります。
耳鳴りも、めまい発作が起こる前やめまいの発作時などに音が耳に響くような耳鳴りがします。メニエール病の症状である耳鳴りはザーッというような比較的低い音が聞こえることが多いです
これらの症状が、めまい発作の前触れとして現れることがあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク