更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

子宮下垂・子宮脱:更年期に多い病気

子宮は前後左右の支持靱帯で支えられ、また骨盤底の支持組織によって骨盤内のほぼ中央に維持されています。
子宮下垂とは子宮が正常位置よりも下降した状態のものをいいます。
子宮脱とは、子宮膣部下端が膣口よりも外部に脱出、下降したものをいい、子宮体部の一部が膣内にとどまっているもの不全子宮脱、子宮底に至るまで全部脱出したものを完全子宮脱といいます。
子宮下垂・子宮脱の増加もその一つで、閉経以後の約20%の女性が、その症状で悩んでいるとも言われています。

子宮下垂・子宮脱の原因

子宮下垂・子宮脱の原因としては、骨盤底を支える筋群・靭帯の弱体化によって生じ、加齢や分娩時の損傷が大きな誘因となります。すなわち、多産(経膣分娩)の高齢者に好発するといえます。
子宮を支える靭帯や骨盤底の筋肉がもともと弱いという体質的な因子が関与しているといわれています。外的な加重な負担、分娩などが原因となることもあり、さらに加齢にともなって、靭帯や筋肉が弱くなることも原因になります。

子宮下垂・子宮脱の症状

子宮下垂は必ずしも症状を伴わないことも多く、病状が子宮脱に至ると下垂感、脱出感を感じます。
子宮膣部が膣内にとどまる子宮下垂では、骨盤内臓の牽引により下腹部の違和感や仙骨部の疼痛を訴えます。また、膀胱を圧迫するため、わずかな腹圧を加えただけで尿が漏れる腹圧性尿失禁を呈します。また、尿道を圧迫するために排尿困難をきたし、膀胱瘤や尿道瘤を生じるとさらに症状が顕著になります。もちろん直腸瘤を生じると便秘になります。
そして、膣口に近づいた粘膜は炎症を生じやすくなり、帯下が増加します。
子宮脱に至ると、膣にはみ出た子宮を不快感として自覚するようになります。はじめは腹圧をかけたときだけ脱出していますが、やがて常に子宮が脱出したままの状態となります。
子宮脱に至ると腹圧性尿失禁、排尿困難、便秘も一段と増悪し、さらに脱出した子宮および膣粘膜は乾燥し、出血や感染を生じやすくなります。

子宮下垂・子宮脱の検査・診断

子宮脱の診断は、外陰部の視診で可能ですが、子宮下垂は内診、膣鏡診で診断をおこないます。
また、骨盤内臓器の位置関係を知るために超音波検査も行われます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク