更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

高血圧とは:更年期に多い病気

心臓は、全身に血液を送り出すために、収縮と拡張を繰り返しています。
心臓が収縮したときの血圧を収縮期血圧(最高血圧)といい、拡張しているときの血圧を拡張期血圧(最低血圧)をいいます。
高血圧とは、この収縮期血圧、拡張期血圧の両方、またはどちらか片方が正常値よりも高い状態のことをいいます。
高血圧の中で、原因不明のものを本態性高血圧といい、原因がわかっているものを二次性高血圧といいます。
高血圧症のうち90%以上が本態性高血圧で、一般的に高血圧症とよばれるものです。

高血圧の診断基準

日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン」

高血圧の日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン」が新しくなりました。

成人における血圧値の分類(単位/mmHg)
分類 収縮期血圧 拡張期血圧
至適血圧 <120 かつ <80
正常血圧 <130 かつ <85
正常高値血圧 130-139 または 85~89
1度高血圧 140-159 または 90~99
2度高血圧 160~179 または 100~109
3度高血圧 ≧180 または 110
(孤立性)収縮期高血圧 ≧140 または < 90

高血圧治療ガイドライン(日本高血圧学会)

家庭血圧基準

一般に家庭での測定値は、病院よりも低めになります。そのため基準値も少し低く設定されています。
家庭での測定では、「収縮期血圧が135mmHg以上、かつ拡張期血圧が85mmHg以上」を高血圧の目安とします。
家庭血圧による基準は、受診のための参考にするものです。自己判断で一喜一憂するのでなく、この数値に近い場合には早めに受診しましょう。

24時間自由行動下血圧測定基準

24時間自由行動下血圧測定基準とは、医師の指導によっておこなわれ、自動血圧計を身につけ、睡眠時や仕事中をふくめ24時間の血圧変動を詳細に記録する方法です。

成人における血圧値の分類(単位/mmHg)
収縮期血圧 拡張期血圧
24時間 ≧130 ≧80
昼間 ≧135 ≧85
夜間 ≧120 ≧70
スポンサードリンク
スポンサードリンク