更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

脳梗塞の検査・診断:更年期に多い病気

脳梗塞は、麻痺などの症状の観察、頭部CT検査またはMRI検査などの画像診断により診断がおこなわれます。
心原性脳塞栓症の場合は、この他に心臓超音波検査、心電図などがおこなわれ鑑別診断がおこなわれます。

脳梗塞の治療

脳梗塞は発生の原因により、アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞、心原性脳塞栓症に分類することがで、それぞれの治療があります。

アテローム血栓性脳梗塞の治療

急性期においては、呼吸管理、脳浮腫対策、二次的に起こる血栓予防のために血栓溶解剤、抗凝血剤、抗血小板剤などの薬物治療がおこなわれます。
慢性期においては、再発予防のために抗血小板薬の投与の他、高血圧、高脂血症、糖尿病などの予防が大切となります。

ラクナ梗塞の治療

急性期においては、血栓溶解剤、抗凝血剤、抗血小板剤などによる薬物療法がおこなわれます。

心原性脳塞栓症の治療

急性期においては、血栓溶解剤療法、ヘパリン療法、抗脳浮腫療法、低体温療法、抗凝固療法などがおこなわれます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク