更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

子宮筋腫とは:更年期に多い病気

子宮筋腫は、子宮筋層を構成する平滑筋に発生する良性腫瘍で、その発生や増大にはエストロゲンが関与しています。
子宮筋腫は良性の腫瘍で徐々に大きくなっていきますが、癌化することはなく、癌のように他の臓器に転移したりすることはありません
子宮筋腫は、婦人科腫瘍のなかで最も頻度が高いものとされており、30歳代以降の女性の3~4人に1人は筋腫があるともいわれ、35歳を過ぎると増加し、好発年齢は45歳~50歳です。閉経前後の女性では筋腫の大きさは減少するのですが、子宮筋腫の頻度自体は減少しないとされています。
筋腫は普通、丸い形をしていて、大きさはさまざまで大豆くらいの大きさのものからテニスボール大、中には大人の頭ほどのものもあります。
筋腫は1個のこともありますが、多くは多発性です。

子宮筋腫の種類

子宮筋腫は筋腫ができる場所によって3つにわけられます。

筋層内筋腫

筋腫が子宮筋層内に発生・発育するもので全体の約70%を占めます。
筋腫が小さいうちは症状はみられないことが多く、大きくなると月経の量が増えたり、痛みを感じるようになってきます。

漿膜下筋腫

筋腫が子宮漿膜の直下に発生・発育するものをいい10~20%を占めます。
無症状のことが多いのですが、筋腫が茎捻転を起こすと急性腹症を起こし、激しい痛みを訴えます。症状が出にくいため子宮がん検診や妊娠して見つかることがあります。
大きくなると膀胱や直腸を圧迫し、頻尿や便秘などの症状がみられることがあります。

粘膜下筋腫

筋腫が子宮内膜直下に発生し、子宮腔に向けて発生するものをいい5~10%を占めます。
最も症状が強く、小さくても月経過多や月経過長、月経痛などの症状がみられます。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の大半は無症状ですが、部位と筋腫の大きさ、数などによって以下のような症状が起こります。

月経過多・不正性器出血・貧血

特に、粘膜下筋腫でみられる症状です。筋腫によって子宮内膜が引き伸ばされ潰瘍を生じ不正性器出血が起こります。また、筋腫が子宮の収縮を妨げ、出血時の動脈圧迫が不十分となり、子宮内膜の静脈還流が滞り、出血量が多くなります。
不正性器出血と過多月経のが続くことで貧血(鉄欠乏性貧血)を来たします。

圧迫症状

巨大な筋層内筋腫や漿膜下筋腫は発育・増大に伴い周辺の臓器を圧迫することがあり、これによりさまざまな圧迫による症状が出現します。

尿管の圧迫

漿膜下筋腫や筋層内巨大筋腫では、筋腫が膀胱を圧迫すると頻尿となり、膀胱を圧迫すると頻尿や排尿障害を、尿管を圧迫すると尿閉、水腎症をきたします。

直腸の圧迫

筋腫が直腸を圧迫すると便秘を来たすことがあります。

腰仙骨神経の圧迫

巨大筋腫では腰仙骨神経を圧迫し、腰部や下肢に放散する痛みをきたします。

痛み

粘膜下筋腫では、筋腫を排除しようとして子宮筋腫が過剰に収縮して「さしこみ」といわれる鋭い痛みをきたします。また、筋腫分娩時には陣痛様の鋭い痛みをきたします。
有茎性漿膜下筋腫は茎捻転を起こすことがあり、その際には激しい腹痛を訴え急性腹症を呈します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク