更年期障害の症状と治療とケア~更年期をもっと素敵に

スポンサードリンク

更年期はさまざまな病気が増えます:更年期の病気

女性は、更年期を迎えるころになると、エストロゲンの減少によりさまざまな生活習慣病にかなりやすくなります。
加齢に加えて、加齢によって免疫に関する臓器も萎縮して免疫力が低下してきますから、ウイルスや細菌に感染しやすくなり、さらに癌などの悪性腫瘍などの発生も増えてきます。
更年期障害はエストロゲンの減少によって引き起こされる不定愁訴です。
エストロゲンの減少は更年期障害を引きおこすだけではなく、骨や血管などにも影響を与えます。
閉経により、エストロゲンが卵巣から分泌されなくなると、骨の新陳代謝がうまくいかなくなり、骨のカルシウムが流出してしまい骨が脆くなる骨粗鬆症となります。
骨粗鬆症により、骨折をし、その結果として歩行に障害でてしまい、外出も思うようにならず、心身両方への影響となってしまいます。
また、閉経後、血液中のコレステロール値が急激に上昇します。コレステロール値の上昇は脳梗塞、心筋梗塞などを招く危険性があります。
女性は、家族の健康には注意を払うのですが、自分自身の体のことはついつい後回しにしがちです。とくに、専業主婦の方の場合、定期的な健康診査を受ける機会がない場合もあり、病気の発見する機会がすくないといえます。
更年期は加齢にともない、徐々に体の調子がわるくなり、病気の初期症状であっても気付かないことが少なくありません。
骨粗鬆症や高血圧、高脂血症、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病などは、徐々に悪化し、かなり病状が進行して発見される場合が珍しくありません。
女性にとって、更年期はこのような時期であることをりっかりと理解しておく必要があり、定期的な健康診断を受けるよう心がけましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク